チュープを使った筋力トレーニング

チュープを使って筋力トレーニングを行う

チュープ,筋力トレーニング

 

チューブ筋トレとは、ゴムチューブの伸縮性を負荷にして利用する筋トレ方法で、ゴムチューブを引っ張った時に元に戻るゴムチューブに抵抗が発生して負荷がかかります。チューブ筋トレのメリットは、場所を取らないのが1番のメリットです。このため思いついた時に始める事が出来て、持ち運びも楽で携帯性に優れています。

 

費用が安く千円から二千円程度で購入出来るので、どんな人でも始められます。強度を上げる時には追加で購入する必要があるが、二重にしたり持ち方を変えるだけで強度を上げる事が出来ます。強度は様々なものが販売されていて、レベルに応じて選べます。

 

持つ手幅を変えるだけで、負荷を簡単に調整出来ます。幅を狭くすると負荷が強くなり、広くすると負荷が弱くなります。1本を2つ折りにすると、強度を2倍に出来ます。複数のチューブを重ねて持つと、重ねた数の強度になります。筋トレの初心者は反動を付けて行いがちになるが、チューブ筋トレなら反動を付けても負荷が重くないので効果が発揮されます。

 

可動域を分割したり持ち方を工夫すると、常に強い負荷で筋トレが行えます。チューブは、筋トレを追い込む時に最適で、反動を付けても負荷が変わらないので筋トレ効果がアップします。

手軽に出来る筋力トレーニング

チュープ,筋力トレーニング

 

自宅で手軽に出来る筋力トレーニングの方法には、足上げがあります。ウエストに効果のあるエクササイズで、腹筋を鍛える事が出来ます。やり方は仰向けに寝て、足を10センチくらいに上げて30秒かけて静止させます。簡単に出来るようになったら、1分に伸ばすようにしていきます。

 

足を曲げて行う腹筋は、腹筋が割れる程ハードの鍛える事が出来る筋トレ方法です。仰向けに寝て太ももを上げて、膝から下を90度になるように曲げていきます。この状態で肘が太ももに付くように上体を上げて5秒静止して、5秒経ったら元に戻します。

 

これを10回繰り返して、1日5セット行います。バランスボールを使った腹筋筋トレは、ウエストを細くする事が出来ます。ボランスボールの上に背中を乗せて、お腹を左右に捩じりながら腹筋を行います。両脚を閉じて腹筋をすると、ハードな腹直筋を鍛えられます。

 

自分に合ったものを選んで、継続する事が成功する事に繋がります。これらの方法はお腹をスッキリとさせるのに効果的な方法で、ダイエット目的で行う人には向いています。どの方法も手軽に自宅で出来るので、どれか1つを選んで1週間に2〜3日行うようにすると効果的に痩せられます。

マッスルエレメンツHMBサプリの格安購入はコチラ!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのマッスルエレメンツHMBサプリも確認してみてください。