部屋で出来る筋力トレーニング

部屋で出来る筋力トレーニング

部屋,筋力トレーニング

 

ジムに通う時間やお金がなく運動器具も持っていない人でも、自分の部屋で出来る筋トレはあります。やる気があれば出来る種目もあり、器具がなくても出来るものはいくつもあります。腕立て伏せは器具を使用しないで、自分の身体の体重だけを利用してどこでも出来て胸と腕の筋力を鍛える事が出来ます。

 

1回も出来ない人でも、膝を床に付いて行っても効果はあります。背中を鍛える方法はワンハンド・ローイングと言う種目で、腕立て伏せの反対で引っ張る運動になります。背中の筋肉を動かすのは難しいが、筋力はバランスが大切になるため鍛えます。

 

お腹の筋トレは腹筋が1番イメージされるが、お勧めはクランチです。腰痛を起こしにくく鍛える事が出来て、安全に行えて腹斜筋が鍛えられます。有酸素運動を兼ね備えた筋トレでは、踏み台昇降運動なら踏み台に乗って降りるを繰り返すだけなので狭い場所でも出来ます。

 

足やお尻の筋力と持久力を鍛えながら、脂肪燃焼の効果もあります。初めは台がなしでその場で足踏みを行っても効果があり、踏み台を使用する時には安定感のあるものを使用します。左右のバランスが重要で、上がる時も下りる時も均等にバランス良く行います。

 

高さは高くすると強度が高くなり、足に筋肉を付けたくない人は10から20センチくらいの低めにして長時間行いましょう。

筋力トレーニングを行って脱腸の予防

部屋,筋力トレーニング

 

脱腸は加齢や運動不足が原因で腸の周りの筋力低下によって起こるもので、運動や力仕事等で腹部に負担がかかり過ぎることも原因になります。このため激しい運動を行うと、脱腸の誘発のリスクを抱えてしまいます。

 

筋肉や筋膜が弱くなる事で起こると考えられていて、筋トレを行う事で予防出来るように思われます。しかし過度の運動を副圧をかけてしまうので、避ける方が良いです。休むと痛みがなくなるので、スポーツが原因でなっている事が分かります。

 

予防をするのにお勧めになるのは腹筋で、仰向けになった状態で30センチ程度足を上げて10秒キープして下げるを10回程繰り返します。回数はあまり多くない程度で行うのが、予防効果が高まります。またウォーキングも効果的で、リラックス出来るレベルの速さで歩くのが望ましいです。

 

毎日継続する事で効果があり、無理ない範囲で行うのが良いです。肥満や喫煙が原因になる場合もあるので、肥満予防のために筋トレを行うのも効果的です。脱腸になってしまって手術をしたら、翌日には日常生活には支障はないが激しい運動は避けるようにします。

 

ウォーキングやサイクリング等の軽い運動であれば手術後2週間程度で、スポーツは3週間経ってから行うようにしましょう。

マッスルエレメンツHMBサプリの格安購入はコチラ!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのマッスルエレメンツHMBサプリも確認してみてください。