瞬発力を鍛えるトレーニング紹介

瞬発力を鍛えるトレーニング

瞬発力,トレーニング

 

瞬発力を鍛えるにはクリーン&ジャークがおすすめです。クリーン&ジャークとはウエイトリフティング(重量挙げ)の種目で、ほぼ全身(脚、腰、背中、僧帽筋、肩、腕)の瞬発筋の強化をすることができます。全身の筋肉を使い爆発的な力を出すことで瞬発力が鍛えられます。

 

飛ぶ、走るには欠かせないトレーニングにのためお勧めになります。クリーン&ジャークは筋力やスピード強化ですから速筋線維を狙ってトレーニングすることができます。速筋は太い速く動かす筋肉で、遅筋というものもあってそれはマラソン選手のような細く弱い力を長く使える筋肉です。

 

頻度については週に多くて2回、基本的に1回でいいです。全身運動でデッドリフトの要素(腰の筋肉)を使いますからやりすぎは厳禁です。主に筋肉というのは一度筋トレをすると48〜72時間は回復に充てるため同じ部位を2日連続でトレーニングをするという行為はNGです。なのでクリーン&ジャークをやった次の日は筋トレのできる種類は限られてくるので考えて行うようにしましょう。

 

食事も大切な要素で、クリーン&ジャークやビッグ3(ベンチプレス、スクワット、デッドリフト)は大きい筋肉を使うので体内のエネルギーを多くつかいます。筋トレは筋肉が破壊されますから筋肉の元になっているたんぱく質を多めに摂取して栄耀を与えなければいけません。

 

これらを注意して行うことで高い効果を発揮することができます。

筋肉トレーニングが一日おきが良いとの噂

瞬発力,トレーニング

 

超回復の原理を聞いたことのある人は多いと思いますが、これは筋肉トレーニングを行い、その後一日は休ませた方が回復するということです。連日で筋肉トレーニングを行うと、筋繊維が回復する間もなく傷ついてしまうという理論です。

 

このような理屈はたしかに成り立つのですが、意義を唱える専門家も多いです。なぜかというと、筋肉トレーニングの強度にもよりますし、完全に回復する前に傷つけても問題ないからです。傷付いた筋繊維が完全に回復しきる前に再度筋繊維を破壊したとしても、最終的には回復してより強い筋肉になるので、特に問題ないというのが現状の一般論になります。

 

超回復は、それをせざるを得ないほどの筋繊維を破壊している場合に限ります。超回復をわざわざ意識しなくても、次の日に筋肉痛で動かないほどの疲労があれば、筋肉トレーニングを控えれば良い話です。逆に、そこまで筋繊維が傷ついていないのであれば、筋肉トレーニングを二日連続で行ってもまったく問題ないですし、むしろその方が良いです。

 

超回復というと、特殊な原理のような印象を受けますが、要するにオーバーワークを避けているだけの話です。疲労状態で追い込むと怪我や筋疲労につながるので、適度に休ませるという話です。

マッスルエレメンツHMBサプリの格安購入はコチラ!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのマッスルエレメンツHMBサプリも確認してみてください。