筋肉トレーニング前にコーヒーを飲む効果

筋肉トレーニング前にコーヒーを飲む効果

筋肉トレーニング,コーヒー,効果

 

コーヒーにはカフェインが含まれていて、カフェインを摂取するとアドレナリンの分泌が促されます。アドレナリンが出ると、力を発揮しやすくなり集中力が高まります。興奮している方が筋トレを行う時に、パフォーマンス力が上がります。

 

カフェインによってグリコーゲンをエネルギー源として使う働きが抑えられて、代わりに脂肪をエネルギー源として使うようになります。筋トレの消費で脂肪が燃えるので、一石二鳥です。筋収縮が強まるので、大きな力を出す事が出来るのでコーヒーを飲んだ後に行うと楽に感じるようになります。

 

このため回数や負荷を更に増やす事が出来るようになり、筋肉が更に大きくなりやすくなります。筋肉痛を抑える効果もあり、カフェインがアデノシンと言う痛みの感覚に関係する物質に働きかけるためです。つまり痛み止めのような働きをするが、同じタイプの痛み止めを繰り返して使用していると神経がその痛み止めに適応してしまいます。

 

習慣的に筋トレを行う人が毎回筋トレ前に飲むと、筋肉痛を和らげる効果があります。量はマグカップ1杯を、ブラックで飲むと良いです。コーヒーを飲む時間としては、筋トレを行う1時間前から1時間半前に飲むのが効果的です。

筋肉トレーニングには水が必要

筋肉トレーニング,コーヒー,効果

 

人間の身体には水分が60%もあるため、水分補給が重要なのが分かります。血液や脳や筋肉も、水分で出来ています。このため水は筋肉に栄養分を運んで、老廃物を排出するために筋肉にも水は影響を与えています。

 

水分不足で筋トレを行うと、筋肉を増強する効果も小さくなります。筋トレを行うと分泌される乳酸の排出にも水分が大切で、疲労回復が早くなったり筋肉痛が緩和されるのが期待出来ます。筋トレ中の水分補給は喉が渇いたと感じる前に飲むのが効果的で、喉が渇いていると体内から20%もの水分が失われています。

 

このため脱水状態に近くなっているので、喉が渇く前に飲みます。水分補給の量や頻度は、1回の量はコップ1杯程度の150から250ミリリットルです。筋トレの強度や気温や汗の量にもよるが、10から15分ごとに1回飲むようにすると効率良く吸収されます。

 

1度に大量の水を飲んでも体内に吸収されず、お腹の中に残ってしまいます。このため、少しづつ区切って飲むようにするのが効果的です。温度は低めの方が、体内に素早く吸収されます。スポーツドリンクもお勧めになるが、水と比べると糖質が含まれているのでダイエット目的で筋トレを行っている人には大量に飲むのは向いていないです。

 

このため、水が1番適しています。

マッスルエレメンツHMBサプリの格安購入はコチラ!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのマッスルエレメンツHMBサプリも確認してみてください。