効率的なカロリー消費

効率的にカロリー消費しましょう

効率的,カロリー,消費

 

筋肉トレーニングを行う上で、重要になってくるのはカロリー計算だと思います。一日のカロリー摂取量と運動量がかなり重要なチェック項目ではあるとおもいますが、その基本とはどんなものでしょうか。体重1キロにつき1分間に消費できるカロリーとして、ダンベル運動が0.2145kcal、バーベル運動が0.1675kcalです。

 

この値が平均となって性別・年齢により補正係数というのがあり、そこでだいたいの消費カロリーを計算することができるのです。たとえば、「30代・55kg・女性」で1時間のダンベル運動をしたとすると5×0.2145×60×0.87=616kcalとなります。(この0.87が補正係数です)

 

詳しい補正係数は男性で20代 1.00、30代 0.96、40代 0.94となります。女性は20代0.95、30代 0.87、40代0.85となります。この数字を計算したうえでトレーニングをしていけば、どれくらいの時間なにに取り組めばいいのかが自ずとはじき出されるのです。

 

時間が限られてくる20代以降で、効率よくかつはやく結果を求めるのですと、しっかりとした計画がないといけません。この消費カロリー計算は、管理プランを作る上でかなり有効ですので是非試してみて欲しいです。

筋肉トレーニングの消費カロリー

効率的,カロリー,消費

 

筋トレの消費カロリーは、安静時代謝×所要時間×メッツ値で計算をします。安静時代謝とは、特異動的作用によるエネルギー消費量で体温維持のための加算量を加えたエネルギー代謝量に相当します。

 

温度によって影響を受けるが、通常は環境温度によって特別の発熱量のない熱的中性領域での量と基礎代謝量に代わる基礎的なエネルギー消費量の指標として近年採用されています。安静時のエネルギー消費量で、従来の基礎代謝量よりも20%程度多い量とされています。

 

特異動的作用によるエネルギーとは、食べ物を消化する時に使われるエネルギーで基礎代謝が最低限生命が維持されるに必要なエネルギー量を表しています。安静時代謝は、運動を除いて通常の生活で消費されるエネルギー量を表しています。

 

自分の安静時代謝量を調べるには、基礎代謝量基準値かける体重かける1.1で分かります。メッツ値とは、運動の消費エネルギーを安静時代謝量の倍数で表しているものです。高重量を扱う筋トレは高めで、軽い重要を扱うのは低めです。

 

大きな問題があり、所要時間で10回を1セットにしていて1.2分で終わるがその後数分間の休憩を入れます。1時間かかっていても実際には半分しか行っていないので、計算の半分のカロリー消費になります。

マッスルエレメンツHMBサプリの格安購入はコチラ!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのマッスルエレメンツHMBサプリも確認してみてください。