筋肉トレーニング前の飲酒

筋肉トレーニング前に飲酒を控える理由

筋肉トレーニング,飲酒

 

筋トレの前に飲酒を控えると良い理由は、飲酒をするとテストステロンが低下するためです。テストステロンは筋肉を増やす働きのあるホルモンで、アルコールを摂取すると減少してしまいます。アルコールを摂取するとコルチゾールと言う物質の分泌量が増えるが、筋肉を分解する働きがあるので分泌量が増えると筋肉がふえなくなってしまいます。

 

アルコールを飲むとおつまみも食べるので、おつまみには脂質が多く含まれています。ダイエットで細マッチョを目指している人は、脂質は気にせずタンパク質を多めのおつまみを沢山食べるようにします。お酒を飲むと二日酔いになったりして、この状態で筋トレを行うのはきついです。

 

これによって、筋トレのサイクルを乱してしまいます。サイクルが乱れると、やる気がなくなり続かなくなってしまいます。アルコールを飲んだ後に車の運転が出来ないのと同じで、筋トレを行うと判断が鈍ってしまうのでいつも以上の負荷をかけてしまう場合もあります。

 

アルコールを飲むと水分が尿の排出で沢山失われ、筋トレを行うと汗を掻いて脱水症状になる可能性があります。これらの事はあるが、どうしても飲みたい人もいるはずです。少しの量であれば、飲んでも大丈夫です。

筋肉トレーニングに影響を与えるビール

筋肉トレーニング,飲酒

 

ビールには糖質と電解液が含まれていて、それによりタンパク質の合成が24%も阻害されてしまいます。しかしビール缶半分の量では、タンパク質の合成が阻害される事はないです。ビールが一定量を超えると、タンパク質の合成を阻害してしまう可能性が高まります。

 

筋トレ後に間ビール1本飲むくらいでは、たんぱく質の合成が阻害される効果はないです。アルコールはテストステロンの値を下げてしまうので、筋トレ後に筋肉を成長させるためには避ける方が良いです。せっかく筋トレを行っても、ビールを飲んだ事によってテストステロンの分泌が阻害されたら効果を台無しにしてしまいます。

 

筋トレ後にビールを飲むメリットには、リラックスが出来るのでモチベーションを上げられる事です。適量のビールであれば、筋トレ中の集中力が上がりやる気も出るようになります。誰かと一緒に筋トレを行っている人は、一緒に飲む事で時間や場を共有して人間関係を深められます。

 

ビールを飲むと尿と一緒に水分を外に排出するが、水分補給に優れています。ビールには炭水化物が含まれているので、喉の渇きを抑えて筋トレ中に失ったカロリーを補給出来ます。しかし、筋トレを行って怪我をした場合は、出血や炎症を悪化させるので絶対にビールを飲んではいけません。

マッスルエレメンツHMBサプリの格安購入はコチラ!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのマッスルエレメンツHMBサプリも確認してみてください。