涙袋を作る筋肉トレーニング

涙袋を作る筋肉トレーニング

涙袋,筋肉トレーニング

 

涙袋は筋トレで作る事が出来て、涙袋がない原因は眼輪筋が未発達なためです。発達している人は、ぷっくりとしています。笑った時にぷっくりするのは、眼輪筋が発達している証拠です。筋トレのやり方は、両手でピースのサインを作って中指は目頭に人差し指は目尻に置きます。

 

少し力を入れて、肌が張っている状態にします。瞳だけが上を見て、眩しい時に目を細めるイメージで行います。下瞼を引上げて、指で押さえた部分がプルプルすると良いです。下瞼を10回上げ下げして、目尻の筋肉がしっかりと鍛えられるのを意識します。

 

最後は下瞼を引き上げて、目を閉じてしばらくキープをします。瞬きやウインクでも効果があり、仕事中や勉強中でも出来るので目のリフレッシュになります。瞬きの筋トレは、人指し指と中指で上瞼を抑えて上に引き上げても良いです。

 

出来る限り、下瞼だけを使って瞬きをしていきます。ウインクでの筋トレは、左右交互にウインクをするだけです。ウインクをする時に、下瞼に力を入れるようにする事です。思い付いた時でも、仕事や勉強の息抜きに行う事が出来ます。

 

1日100回程度行うのが最適で、難しい場合は時間のある時に自分のペースで回数を決めずに行うようにしましょう。

外反母趾の予防に筋肉トレーニングをする

涙袋,筋肉トレーニング

 

外反母趾は脚の先端の変形を生じる障害で、親指の付け根が内側に膨らんで反対に親指以外は外側に傾いていきます。外反母趾になる人は、足首や足指を上手く使えていないために硬くなっている可能性があります。

 

このためストレッチをして、柔らかくしておきます。アキレス腱をストレッチするのがあり、壁に両手を付いて行います。前に出した脚の指も壁に当てて、前足の足底筋膜が伸長します。最初は踵を上げたまま行い、徐々に踵を下していきます。

 

踵が付くまでテンションをキープして、ふくらはぎと土踏まずが伸びて足首にもストレッチがかかっている事を確認します。足関節のストレッチは、壁や段差を利用して足を背屈させていきます。足首と土踏まずがストレッチされる位置で行い、机の足等でのちょっとした段差でも行えます。

 

足の底面のストレッチは、足の指を地面を掴むようにして行います。椅子に座って片足を椅子の外側に足の裏が見えるように向けて、指の付け根にテンションをかけて甲から伸ばすようにして行います。オフィスでも出来るので、思い立った時に日頃から行うようにします。

 

チューブトレーニングは、太い輪ゴムでも出来るので、足の親指に引っ掛けて扇形に開いたり閉じたりしましょう。

マッスルエレメンツHMBサプリの格安購入はコチラ!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのマッスルエレメンツHMBサプリも確認してみてください。