腸腰筋の筋肉トレーニング

腸腰筋を筋肉トレーニングで鍛える

腸腰筋,筋肉トレーニング

 

腸腰筋とは骨盤から下腹辺りにある筋肉で、1つの筋肉の名称ではなく3つの筋肉を総称して言います。3つの筋肉は大腰筋と小腰筋と腸骨筋で、体幹の深部に位置しているので深部腹筋群とも言われます。インナーマッスルの1つでもあり、小腰筋だけは半分以上の人の身体に存在しないので大腰筋と腸骨筋から構成されています。

 

腸腰筋を筋トレで鍛えると、ヒップアップの効果もあります。これは腸腰筋の位置が正しく維持される事で、綺麗で正常な前湾状態に骨が矯正されるので骨盤が起きてヒップの位置が上がってお尻の形が良くなります。

 

綺麗に痩せる効果も期待出来て、体重も体脂肪も付いてもウエストが変化する事で見た目や意識が変わります。日常生活の動作も良くなり、体重と体脂肪率が減っていく効果があります。腸腰筋は骨盤の位置に関係しているので、働きが弱くなると骨盤が歪んで筋肉が硬直したり周りの神経を圧迫します。

 

こうなると内臓への血流が低下して、冷え性に繋がります。鍛え方は床やベンチに仰向けに寝て、両足を揃えたまま高く上げていきゆっくりと元に戻して足が床に付く手前で止めます。これは最も一般的な筋トレ方法で、下腹の腹直筋をメインに鍛えながら腸腰筋も同時に鍛えられます。

腰痛予防に筋肉トレーニングを行う

腸腰筋,筋肉トレーニング

 

腰痛の予防には、インナーマッスルを鍛えると良いです。インナーマッスルは体幹なので、身体の芯の部分を鍛える事になります。腰の筋肉も体幹であるので、その筋肉回りを鍛える事で姿勢を維持出来るようになります。

 

姿勢を正しくキープ出来ると、腰痛の原因でもある曲がった姿勢になる事が減ります。腰痛がだいぶ楽になり、重い荷物を持った時にきちんと腰を伸ばす事でかなり改善されます。1番は姿勢を矯正する事で、背筋を伸ばすだけでも筋肉を使います。

 

体幹の鍛え方はデッドリフトで、高重量で行うと腰を壊してしまうが低重量でしっかりとフォームを練習して行うと腰を真っ直ぐ伸ばせます。重い荷物を持ち上げる時の正しい姿勢を、学べます。既に腰痛持ちの人には、プランクで腹筋を鍛えます。

 

普通にシットアップやクランチを行うのも良いが、腰痛持ちの人が行うと腰に来るのでお勧めにならないです。プランクは身体の姿勢をキープするタイプのトレーニングで、長時間キープするのはきついです。大事なのは身体を一直線で行う事で、学生の頃に運動部だった人はケツ上げでお馴染みです。

 

腰に痛みがない人は、クランチを行うのがお勧めです。腹筋運動がシットアップで、クランチは途中で止めて戻るものです。背中を床に付けずにキープするため、シットアップよりもきついので既に腰痛持ちの人はやらない方が良いです。

マッスルエレメンツHMBサプリの格安購入はコチラ!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのマッスルエレメンツHMBサプリも確認してみてください。