筋肉トレーニングで握力を鍛える

筋肉トレーニングで握力を鍛える

筋肉トレーニング,握力

 

筋トレで握力を鍛えるメリットは、ラケットを使ったスポーツ等でパフォーマンスに良い影響を与えることです。ダンベルやバーベルを使って鍛える時に、握力が足りなくて追い込む事が出来なくなる場合もあります。トレーニング方法はグリップリレーがあり、動作はシンプルだが素早く動かす事で1度に多くの筋線維を収縮出来ます。

 

時間は多少かかるが、握力を強化するのに地味に効いてきます。ウォーターグリップは水中で行う方法で、水の水圧を利用して鍛えます。握る時は水を握り潰すイメージで行い、開く時には思いきりストレッチさせるイメージで行います。

 

リストカールは握力アップには欠かせない方法で、前腕も鍛えられます。太い筋線維に対して効果が高いので、前腕を太くするにもお勧めです。リバースリストカールは前腕筋群をリストカールと一緒に行うと、別の角度から刺激する事が出来るのでバランス良く前腕を鍛えられます。

 

フィンガーバンドは握るのとは反対の開く力を鍛えられ、更に握力を強化出来ます。握力を鍛える時のポイントは、手のひらの筋肉だけを鍛えるのではなく前腕で肘から手首までの間にある筋肉も一緒に鍛えるようにする事です。

 

筋肉を成長させるには他の部位と同じで、動作をゆっくりと行い負荷をかけていきましょう。

筋肉トレーニングで腕を太くする

筋肉トレーニング,握力

 

筋トレで腕を太くするには、上腕三頭筋を鍛える事が必要です。腕の中でも太さを強調するには、上腕である二の腕の部分です。二の腕を形成しているのが、上腕三頭筋と上腕二頭筋です。筋肉量が多いのは上腕三頭筋なので、腕を太くしたい人は上腕三頭筋から鍛えると良いです。

 

腕を太くするのに大切な事は、筋肉と大伸展と収縮させる事です。身体の反動や勢いを付けて行っていると、筋肉は大きならないです。きちんと鍛えたい筋肉がしっかりと伸展と収縮している事がポイントで、支点になる肘等を常にチェックして出来ているか鑑等で見ながら行うのも方法です。

 

戻す動作を効かせる事で、ゆっくりと動かせる事で筋トレの効果が高まります。負荷を感じながらじわりと戻していくようにすると、筋肉に負荷を効かせられるようになります。徹底して追い込む事で、腕は日常生活でも使われるのが多く重い荷物を持つ事が多いので少しの刺激では反応しないです。

 

筋肉を発達させるためには、今まで受けた事のない刺激を与えるようにします。どの筋肉でも言える事になるが、超回復を行うようにする事です。腕の筋肉はあらゆる種目で補助として使用されているので、休息の時間はしっかりと取るようにしましょう。

マッスルエレメンツHMBサプリの格安購入はコチラ!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのマッスルエレメンツHMBサプリも確認してみてください。