筋肉トレーニングのメリットとデメリット紹介

ダイエットは筋力を増やすことから始まる

筋肉トレーニング,メリット,デメリット

 

女性の多くの方は、筋力トレーニングは「筋肉の重さで体重が増える」「体がごつごつになるのでスタイルが悪くなる」といったイメージを持っています。しかし、筋力トレーニングは、痩せやすい体を作ることができるというメリットがあります。

 

確かに、筋肉をたくさんつけるのを目的としたトレーニングは、男性的なスタイルになりやすいのですが、そういったトレーニングをされる方は、プロテインを摂取したり、たんぱく質も多く取るためにそうした体型になりやすいのです。

 

しかし、通常の筋肉トレーニングは体をきれいにより見せることができ、痩せやすく、かつ年を取ったときには転倒しずらい丈夫な体を保つことができます。
具体的に、代謝を上げるため、老後に怪我のしづらい体を得るためには、「太もも」を鍛えることが非常に重要です。

 

太ももの筋力トレーニングというと、足が太くなるといったイメージがありますが、太ももには体のどの部分よりも筋肉の集まる部位であることから、体の基礎となっています。そのため、太ももを活発に動かすことは代謝を上げることにつながります。

 

太ももの鍛える一番簡単な方法としては、ダンベルを使ったスクワットをするのがおすすめです。肩幅に足を開き、無理のない程度の重さのダンベルを肩に乗せて、スクワットをしたときに膝が踵と一直線上に並ぶように前に行き過ぎないように膝を曲げ、お尻を突き出すようなイメージで行うと、ヒップアップ効果も同時に期待できるトレーニングができます。

筋肉トレーニングのデメリット

筋肉トレーニング,メリット,デメリット

 

筋トレのデメリットには、無理な目標設定で行うと怪我をしやすくなることがあります。一気に高い負荷をかけて行っていると、筋肉が負荷に耐えられなくなり怪我に繋がります。フォームもきちんとしていないと、怪我になります。

 

フリーウエイトやスクワット等の高負荷なもの程、怪我をしやすい傾向があります。筋トレで太い筋肉を付けようとすると、お金がかかる事です。筋トレ器具を使用しなくても筋トレは出来るが、食事内容も見直さないといけないです。

 

筋トレ後には炭水化物を控えて、野菜を多く摂るようにします。プロテインを飲むと、たんぱく質を効果的に摂れるようになります。しかしお米よりも野菜の方が高いし、プロテインも普段の食事にプラスするので余分にお金がかかってしまいます。

 

またジムに通ったり、器具を購入すると更にお金が必要です。自重トレーニングではある程度までしか鍛えられないので、ムキムキにするのならお金がかかるのです。筋トレを行うと筋肉が大きくなるので、体型が変わり服のサイズが変わってしまいます。

 

このため、服を買い替えないといけなくなりまたお金が洋服代にかかってしまいます。筋肉が付くと熱産生が高まり、汗を掻きやすくなり暑がりになります。

マッスルエレメンツHMBサプリの格安購入はコチラ!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのマッスルエレメンツHMBサプリも確認してみてください。