パンチ力を筋力トレーニングで鍛える

パンチ力を筋力トレーニングで鍛える

パンチ力,筋力トレーニング

 

パンチ力を鍛えるには、肩や胸や背中の筋肉を強化する事が必要です。重い筋肉を付けると、パンチのキレやスピードが損なわれるので注意が必要です。一定の回数を短い時間で素早く行うのが、パンチ力には効果的です。

 

サンドバッグを使った方法も、パンチ力を鍛えられます。1発1発のパンチを強くして、バッグの向こうまで打ち込むように叩いていきます。パンチが流れて上体が振り回されないように、下半身をしっかりと安定させます。

 

スタミナを強化する事も出来て、ボクシング等の競技の時に上達に繋がります。上体や腕のみで打たれるものではないので、下半身と連動させる事で初めて強くなります。下半身を鍛える事で、パンチが力強く打てるようにもなります。

 

下半身がしっかりとしていないと、身体がぶれてしまい上半身が力を発揮出来なくなります。下半身は上半身よりも3倍も強いので、下半身を強化するとパンチ力も強くなります。下半身を鍛えるには、スクワット等が効果的です。

 

脚の筋肉を全て使って行うので、脚全体が鍛えられます。他には広背筋や脊柱起立筋群等も鍛えておくと、パンチをマシンガンのように打つ時に発揮出来ます。広背筋や脊柱起立筋群等の鍛え方には、懸垂がおすすめです。

筋力トレーニングを行って動脈硬化を予防

パンチ力,筋力トレーニング

 

動脈硬化を予防するには、血管を若返らせる事が大切です。それには筋トレを行うと、生活習慣病の改善が出来ます。筋トレを行うと、素早く酸素を供給するようになり血流がアップします。血液が流れ込むような感覚になり、血液が改善されます。

 

血管が弾力が取り戻せて、若返ります。加齢と共に毛細血管の数は減ってしまい、詰まってしまう事もあります。筋トレは筋肉にダメージを与えて、再生しながら筋肉を増やしていきます。これと同時に、毛細血管も再生されていきます。

 

筋トレを行うと全身に血液が廻っていくので、血液が必要になる毛細血管にも巡って再生されます。血液の改善をするのに良い筋トレは、スクワットのような全身運動がお勧めです。全身に血液が巡るようにするには、全身の筋肉が増やせる筋トレがスクワットです。

 

太ももとふくらはぎの筋トレも必要で、ふくらはぎは第二の心臓と言われているので鍛えると効果的です。鍛え方はレッグプレスやレッグカール等のマシンを使うと太ももが鍛えられて、カーフレイズはふくらはぎを鍛えられます。

 

筋トレと一緒にストレッチを行うのも有効的で、血管が伸びて柔軟性も取り戻していけます。また、朝起きた時に、伸びをするだけでも効果があります。

マッスルエレメンツHMBサプリの格安購入はコチラ!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのマッスルエレメンツHMBサプリも確認してみてください。