テニスで必要な筋肉の筋力トレーニング

テニスで必要な筋肉を筋力トレーニングする

テニス,筋肉,筋力トレーニング

 

テニスに必要な筋肉には、大腿四頭筋があります。テニスでは膝の曲げ伸ばしを使うのはボールを打つ時だけではなく、様々なシーンで多用されています。大腿四頭筋と言われる大腿直筋が大切で、外側と内側と中間の各広筋つまり脚の太ももの筋肉です。

 

ここをトレーニングするのは、テニスを上達するために避けては通れないものです。下腿三頭筋は、テニスのプレーでつま先立ちになる事が多いので安定した状態を可能してくれてヒラメ筋と腓腹筋から成り立っています。この部分が弱いとこむら返りを引き起こすので、試合中に足が攣ってしまう事も出てきてしまいます。

 

大殿筋は腰を捻って安定させるために必要で、お尻周りの筋肉が大切です。テニスを上達に繋げるには、大殿筋もトレーニングして鍛える事です。ハムストリングは速く力強く走った後の急制動に必要で、大腿二頭筋や半腱様筋や半膜様筋と言った筋肉の総称であるふくらはぎの筋肉がハムストリングです。

 

脚の前側を鍛えたら、後ろ側であるハムストリングも鍛える事です。大胸筋は腕を水平に外旋させてテークパックして、フォワードスイングで力強く内旋させる動きを支えている筋肉で、肩の辺りでボールを打つ時に使われます。筋トレをすると、パワルフなハイポジションで威力のあるストロークが身に付けられます。

ソフトテニスを上達する筋力トレーニング

テニス,筋肉,筋力トレーニング

 

ソフトテニスを上達させるには、ラケットを振る腕の筋肉を鍛えると効果的で、腕を鍛えるには腕立て伏せが鍛えやすいです。肩幅程度の位置に手を付いて行うと、腕の筋肉だけを鍛える事が出来ます。肩幅の2倍程度開いた位置に手を付いて行うと、腕と当時に胸の筋肉も鍛えられます。

 

サーブの威力をアップさせるためには、腹筋を鍛えると良いです。腹筋のやり方は膝を曲げた状態で腕を前に組んで行うが、腹筋力が無いと出来ないので脚は伸ばして手は後ろで組んで行っても大丈夫です。背筋もサーブの威力に発揮して、やり方は特別方法はなく地面にうつ伏せに寝て顎を上げる事を繰り返すだけです。

 

握力は、ボールを打つ時にラケットがぶれるのを防ぎます。握力がアップするとミスが減って、安定したプレーが出来るようになります。握力をアップさせるには、浴槽で手を閉じたり開いたりを繰り返したり握力アップグッズを使用します。下半身はボールを打つ時や移動する時に、常に使います。

 

瞬発力を高めるスクワットは、室内で出来るのでお風呂に入る前や寝る前等に行うと良いです。瞬発力を高めるためには、短距離ダッシュを繰り返す方法もあります。ソフトテニスでは常に下半身を使用するので、下半身の持久力が必要です。

 

持久力を付けるには、ランニングが1番効果的です。

マッスルエレメンツHMBサプリの格安購入はコチラ!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのマッスルエレメンツHMBサプリも確認してみてください。