低周波のEMSを使った筋力トレーニング

低周波のEMSを使って筋力トレーニング

低周波,EMS,筋力トレーニング

 

EMSは低周波の電気をマシーンから発生させて、筋肉を収縮させるものです。ベルトのようなものを巻いてスイッチを入れると、ピクピクと筋肉が動きます。筋トレとしての効果はなく、筋肉を収縮させる事は出来るが筋肉に負荷を与える事が出来ないためです。

 

筋肉には大きな負荷を与える事で、その負荷に耐えられるように肉体を進化させて成長していきます。EMSは筋肉を収縮させるのが目的になっているので、筋肉への負荷はないです。EMSが筋肉に与える影響は、座ったままの状態で動かずに腹筋に力を入れる感じです。

 

動かないのでどんなに力を入れても、疲れるだけで筋肉は成長しないです。強度が強い筋トレのようなもので、一定の効果はあるものの太い筋肉を付けたい人には不向きです。使い方によっては効果を発揮するので、普段鍛えにくい部位を鍛えるのに効果的です。

 

腹直筋等の筋肉は大きいので動きを意識しやすいので鍛えやすいが、外腹斜筋や背中の筋肉等は意識して鍛えるのが難しい部位です。普段の生活ではほとんど使われていないので、他の筋トレでは鍛えられていないです。このため普段の筋トレでは大きな筋肉を鍛えていき、EMSで普段鍛えられない筋肉を鍛えるようにすると全身にまんべんなく筋肉が付きます。

筋力トレーニングで肉体改造を成功させる

低周波,EMS,筋力トレーニング

 

筋トレは毎日同じ回数や同じセットを行っても筋肉は付くものではないです。少しでも筋肉を付けたい人は、毎回しっかりと筋トレの記録を付ける事です。自分の力量が分かっているので、無理をしないです。

 

自分の出来る範囲を分かっているので、その範囲で筋トレを行っています。このため、怪我等に繋がらなくなります。フォームもしっかりとしていて、筋肉に刺激を上手く与えているので筋肉も発達していきます。自分の力量が分かっていないと、フォームが崩れてしまい上手く筋肉に効かす事が出来なくなります。

 

自分の力量に合わせて、筋トレを行っていくのが効果的です。失敗してしまう人は、筋トレの種目をやり過ぎる事にあります。時間をかけすぎているのに、肉体改造のためには普通の筋トレでは刺激が足りないです。ある程度筋肉が付いていないのに、沢山種目をやっても中途半端になってしまいます。

 

1〜2種目くらい筋肉を追い込む事で、筋肉が付くようになります。長く続けていても見た目が変わらない人は、やり方が間違っている場合があります。この場合は筋トレのメニューやフォームを見直し、筋トレの効果を実感出来るようにしましょう。

マッスルエレメンツHMBサプリの格安購入はコチラ!トップページへマッチョボディになりたい方、効率よく筋肉をつけたい方はトップページのマッスルエレメンツHMBサプリも確認してみてください。